2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

【中小企業診断士 二次試験 事例三】

策問してみました。

 

問題

C社はx社の受注に対応したいが、遅延が続いている。どのように対応すればよいか、助言せよ。

 

本文

精密機器の調整は、熟練担当者任せの加工順となっている。精密機器はx社に納入している。熟練担当者任せの加工により、納入が遅れることもある。

 

回答

C社は、熟練担当者任せの加工順を改め、

納期優先の加工順へ変更し、

納期遅延の解消をし、

納入リードタイムを短縮し、

x社の受注に対応する。

 

なかなかよい問題でした。