2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

【中小企業診断士 雑感】

残り6日!

本当にお世話になった人の為に、

協力してくれた人の為に、

そして自分のために、

諦めない!!

 

ので、毎日策問して、予想する。

 

今日は、策問前に、クライシスマネジメント。

 

当日、圧倒的にミスをした時、どうするか?

 

がんばるのは、辞めて。

難易度の高いものを捨てる事。

捨て方は、明らかな根拠を書くのみ。

 

ミスによる時間ロスを

捨てることによりリカバーするイメージ。。

 

また、圧倒的にミスしても良いように

簡単な問題からいく事を誓います!!

 

簡単な問題とは、以下の全てが該当する。

 

1 明らかにゴールとなる言葉が問題文にある。

持続的競争優位性を確保するには?とか

小規模ながら持続できた理由は?とか

 

2 一次試験の理論の言葉が問題文にある。

アウトソーシング成果主義とか。

 

3 メリットとデメリットなど、答えが予想できる。

 

4 本文の根拠が固まっている。

人材が不足しているが、高齢社会で雇用が難しいとか。

 

これなら、誰でも優先順位高いですが。。。