2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

【中小企業診断士 一次試験 情報 法務 中小企業まとめ】

明日もファイト!

1日目は、経済と運営が難しいですね。

2日目は、難しいのは法務とみた!?

情報、法務、中小企業政策の順で紹介します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
情報
【忘れ物言葉】暗記必須の内容です。
●ITガバナンスは、システム運営→組織運営→説明責任。
●ODSはデータウェアハウスの中間データベース。
●キーバリューデータベースはデータ構造や属性を決めるスキーマ設計をしなくても使える。
●PROMはユーザーがロムライターの特殊装置で書き込む。
●マスクROMは製造時に書き込む。
●データ復旧の時間が長いのは、増分、差分、フルバックアップ。増分は、データ復旧には全部のデータが必要になるから。
●OSは、仮想記憶の仕組みを提供する。
●回線冗長性ー可用性、データ暗号化ーセキュリティ、同時アクセスー性能!
●使用頻度の高いデータを半導体に記憶さす、低速ディスクからの読み出し回数を減らすのは、キャッシング。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
法務
【忘れ物言葉】暗記必須の内容です。
●組物意匠は、組物一部には効力が及ばない。
●買収企業が200億以上の国内売上高、買収される企業が50億以上の国内売上高のときに、公正●取引委員会の届け出が必要となる。
●委員会、監査役、公開会社は取締役会は絶対必要だ!
ベンチャーキャピタルは第三者割当増資により株式の発行日以前6ヶ月以内に同一種類株式を発行すると、勧誘の相手が通算50名以上で、かつ、増額合計が1億円以上なら有価証券は必要。
●定時株主総会の2週間前に監査済みの計算書類を本店置きする
●有限会社、民法組合は法人格がない。契約関係だから。技術合同組合は法人格ある企業と学校の組合!
●詐害行為請求は、債権存在、害することをしってしたこと、承継した財産の限度額のこと、が発動条件でした。
●株主全員の同意があるなら、株主総会できる。
●保証は書面必要です。
民法遺留分請求権の消滅時効期間は、相続開始を知ったときから1年間だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中小
【忘れ物言葉】暗記必須の内容です。
●中小企業の企業数は、小さな宿を建て製造っとおぼえましょ。
●廃業率の一位は小売。
●全部の開業率は6.5パーセントと廃業率は6.6パーセント!
●教育分野は付加価値でにくい。
●無借金中小企業の業種別構成比と無借金中小企業全体の構成比を比較した。無借金企業の割合は情報が多い。
●小規模企業は、1から4名規模の女性の正規社員は既婚率8割。女性役員が最も高い規模でもある。
第3セクターは、商店街整備と地域産業創造基盤整備でした。
●小規模企業は、9割を。従業員は23パーセント。
●2012年から2014年で中小企業の推移は、4.4万者減ってるが、緩やかに。
●創業5年未満が中小企業社の創業支援対象です。
農商工連携により新たな事業計画を展開する中小企業であって、農商工連携事業計画を、作成し、国の認定を受ける。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー