2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

【一次試験 財務 リースと引当金暗記系】


纏めます。

ファイナンスリース】

借り手は解約はできないくらい、キャンセル料が高い。売買契約となり、実質購入の代金分割払いとなっている。

貸し手は資産を貸してるが、売買契約と同じ。リース料に維持管理費や利子も含めて良い。

 

オペレーティングリース

ファイナンスリース以外の取引、賃貸契約。

 

原価計算

財務諸表であり、直接原価計算を認めない。変動費と関節費の分け方に主観が入るから。

原価は、正常な状態取引だから、特別損失や盗難は入らない。

 【引当金】

将来の特定の費用または損失、

その発生が当期以前の事象に起因し、

発生の可能性が高く、かつ、

その金額を合理的に見積もることができる

この辺はよく出るので、バージョンアップします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【概要】
2017年12月中小企業診断士になるためのブログ
超予測力を使った確率論で、【30から40代で最も多忙なサラリーマン】が中小企業診断士の資格をもぎとるぶろぐです。 私も過去3回落ちており、一次からやり直しですので、来年の12月末には皆さんとともに受かる!!私の戒めのための実験ブログでもあります。 本ブログの目標は、【中小企業診断士の合格】です。その為のステップは、8月一次試験は81%の確率で合格し、10月二次試験は75%の確率で合格するために、勉強を進めていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ゴールイメージ】
二次試験は取れそうな問題に注力し、極端な話半分捨てて、一次試験で重要なワードを暗記の上、本文のワードと対応させることを出題者にPRメインとした突破を目指します。
なお、一次試験の点数は、56、68、64、64、54、54、68点を合格設定します。二次試験は、56、56、64、64点の合格設定とします。
なお、一次試験で応用が多く、取れない科目は、経済、情報、法務の3つを設定し、その他科目でカバーをします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【内容ー合格確率をあげる方法】
1、サラリーマンがすべき無駄の無い勉強を一緒にしましょう
2、脳を活性化し、能力を最大限にアップしましょう!【運動するジムにあるプロテインのイメージ】
3、目的意識を高めよう。
以上、三つについて、平日一回の発信を続けます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【趣味のコメントー株についてー】
?
さて、トランプの就任演説。
減税に発言はなし。

TPP離脱、米国主義が中心でしたね。

米国主義は、円高ドル安を導くと考えれば、日本株は安くなるセオリーです。ただ、米株価は少し値段をあげてることや日本市場開始まで時間が空くことから、株の変動は少し下がって、結果変動無いと想定します。

さて、月曜日はどうなるか!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー