2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

中小企業診断士 日本財務 アメリカの財務

 

備忘録です。

 

11月19日ライターより、

日本の政策担当者が、超長期金利に下限を設ける長期的な手段として、50年国債の発行を検討していると。

 

11月20日

日本はアメリカ国債を売り始めた。

急な売りが入っている。

 

f:id:gtskh058chang:20191121011920j:image

 

11月21日

アメリカの量的緩和政策。

f:id:gtskh058chang:20191121083552j:image

ユーロ、現金増える。

f:id:gtskh058chang:20191121095408p:image

コメントは控えますが、ひどい話しです。

中小企業診断士 浜田省吾

今日は、東京で浜田省吾のライブですね。

 

ライブって、その場で楽しむ。雰囲気を楽しむとかあると思うのですが。

 

音楽や歌が流れていたあの時代を思い出すことが目的な人はリピーター、固定客なんでしょうね。

この群がいれば一生安泰だと思います。

 

商品も同じで続くものは固定ファンが必ずいるんですよねー。

 

何かを思う、何かをメモする、何かをする、何かを続ける。

右に行くほど難しい。

 

f:id:gtskh058chang:20191109213012j:image

中小企業診断士 2次試験

厳しいですね、やはり。。

改めて自分の解答と学校の解答を見ると合致してる所が少なすぎる。

方向性は間違い無いのですが。

葉書がくるのか、封筒がくるのか。。。。

本当に困ります。。。。

これでわかってしまいますね。

f:id:gtskh058chang:20191108230037j:image

 

今日の備忘録。。

共同通信国際通貨基金のゲオルギエワ専務理事は7日、ワシントンでの講演で、世界の公的部門と民間部門が抱える債務が計188兆ドル(約2京円)に達し、過去最大を更新したと明らかにした。世界の国内総生産GDP)の約2.3倍。

ドイツや韓国など財政に余裕のある国でインフラ整備や研究開発の支出を拡大すれば、成長拡大に向かうとも指摘した。

IMFは、2021年に債務不履行のおそれがある企業債務は日本を含む主要8カ国で19兆ドル試算。

もう。。

中小企業診断士 2次試験 雑感

2次試験も落ち着きましたね。

 

記録として書いときます。

 

[東京 5日 ロイター] - 日銀が5日発表した10月末のマネタリーベース残高は522兆9820億円となり、2カ月連続で増加した。

 

平均残高は前年比3.1%増の517兆1008億円。内訳は日銀当座預金が同3.3%増の405兆0807億円、紙幣は同2.3%増の107兆1156億円、貨幣は同2.2%増の4兆9045億円だった。

 

お金の価値が。。。

 

 

f:id:gtskh058chang:20191105174756j:image

 

日経、上場企業(新興・子会社上場など除く)の2019年4~9月期の連結最終損益について、増減益社数を6日時点で集計したところ、減益が53%だった。製造業に限ると64%が減益。同日までに集計対象約1720社のうち5割弱の企業が決算を発表した。

 

中小企業診断士 2次試験 回答 AAS 雑感

AAS の回答が出ましたね。

https://www.aas-clover.com/tokyo/sokuhou/sokuhou-2

 

速報のベースの学校より構成が丁寧でわかりやすいです。

特に、事例二はターゲット、理由、方法が分断されて点数が分かり易い。

回答の方向性は大きく違わないと感じましたー。

 

 

雑感ですが、アメリカは債務を増やしているようです。

 

連邦政府の債務残高が23兆ドル(約2500兆円)の節目を超え、過去最高を更新したことが1日、明らかになった。

 トランプ政権発足後、大型減税や歳出拡大で国債発行が急増。22兆ドルを突破した2月からわずか8カ月で借金が1兆ドル膨張した。

 米財務省が1日発表した10月31日時点の財政状況によれば、債務残高は23兆84億1000万ドルだった。

 

この状態は日本も同じですが、債務不履行を出しますね。。。

 

香港も同様。

香港、今年第3四半期(7〜9月)の成長率は前期比でマイナス3.2%となるリセッション(景気後退)に突入したことが3日までにわかった。第3四半期の成長率は前年同期と比べた場合、マイナス2.9%だった。

 

f:id:gtskh058chang:20191104012500j:image

 

中小企業診断士 二次試験 解説会 AAS EBA

またEBAが回答解説を始めました。

 

結論、事例一の一問目は市場の縮小ではないとのこと。これは他の受験校にはない回答。

 

かいつまむと、企業は黒字から赤字へ転落しているが、市場縮小と自制が重なっていないため、市場縮小が原因ではない。

よって、既存事業を活かせないことやknow-howがないことが原因であり、それを後押ししたのが市場であるということ。

 

写真はお気に入りのコーヒー屋さん。

f:id:gtskh058chang:20191104012551j:image

https://www.ebatokyo.com/news/1974

 

素晴らしい解釈です。

 

ので、AAS の解説会は行かないことにしました。EBAにGO。

 

中小企業診断士 二次試験 解説 EBA 雑感

ココの受験校は説得力が段違い平行棒です。

 

事例1の解釈の妥当性が高い。

 

EBAの考える事例1レイヤーだと。

 

一問目 戦略 シナジーできない

二問目 組織 組織変革してない

三問目 戦略 学習など組織能力の形成

四問目 人事 成果主義でモチベアップ

五問目 組織 機能別組織の良さ

 

この解釈でようやくすっきりしました。

ただ、この処理は設問解釈出来ねば対応出来ないので一握りの方のみ分かったのではと思います。

 

二問目のセオリーはどの学校もしなかった。というか、予見文が大事で張り逃げ対応という逃げの戦略を取ったので。

 

80分の中の処理、相対評価の試験。

この2点から。二問目は点数の差は出ないのではと考えてます。

 

気になる方は以下をどうぞ。

すげー学校です、EBA。

https://www.ebatokyo.com/news/1907

 

雑感ですが、日経新聞が下の内容を発表。

日銀は保有する上場投資信託ETF)を証券会社に一時的に貸し出す制度を来春にも始める方針だ。市場残高の8割を持つ日銀がETFを有効に使えば、証券会社はETFを買いたい投資家向けに機動的に売り物を確保できるようになり、市場の流動性向上が見込める。ただ、原案では貸し出す際に実施する入札頻度が「月1回」。

 

もう、株式市場は投機の場所ですね。

f:id:gtskh058chang:20191031010158j:image