2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

【中小企業診断士 二次試験 模範解答●●版】

ある会社の模範解答のお披露目会に行きました。結論は、養成学校の受験の方が良いかもとおもいました。

 

今回得た収穫は、以下の4つ。

 

●二次試験は一次試験の布石から一問なら推測できる。

 

●二次試験はその場のセオリーに反応するよう作るため、過去問頼みは危ない。落ちるリスクが高い。過去問は策問者の意図を掴む程度で抑えるなら過去10年やるのはあり。

 

●二次試験セオリーがその場で気づかないなら、後回しにして、情報整理に徹する。

 

●事例4は一問捨てないと、自己能力でA判定は無い。皆無。ちなみにその一問は会計士くらいのレベル。

 

全体を通して思うのは、以下の2点。

 

●その場の情報整理すら出来ない奴等は合格させないよ。っと策問者は言っている。

●事例毎の住み分けをしない問を準備し、事例を横串させ揺さぶるよ。その揺さぶりはストレート生を敢えて有利にして、二次のみ受験生との差を埋めて、平等に評価したいなー。っと策問者は言っている。

 

よって、来年受けるなら以下の2点。

 

●一次試験も受ける必要性を強く思いました。

←これは準備可能。

 

●80分の時間内で出来ないんだからっと自制する。←本番で難しい。

 

結論、合格するには、解答欄に情報整理のみとか捨てるとか記載し、自制の布石準備。それを無視しない。

ただ、この無視しない自制。

本番では相当難しい。

 

よって、結果的に時間節約できる養成学校は有りだと思いました。

【中小企業診断士 雑感】

これまたテストとは、関係ないのですが、

最近話題のビットコインについて。

 

ビットコインは相互監視システムでクローズドチェーンなる新しい知識で構築されている。

このシステムの画期的な所は、中間マージンが全くいらないこと。

お金は国の管理のもと税金というマージンが入るが、ビットコインはなし。

相互監視で異常なお金、いわゆる偽札は排除される。

 

同時に、国の税金はどこでとるのでしょう。

気になる所です。ラディカルなイノベーションなので、破壊的なインパクト。

【中小企業診断士の趣味 コーヒー編】

ちょっと趣味の話を。

 

勉強の効率アップのために、

バターコーヒーを飲み始め、3キロ落ちました。ケトン体質というやつになったのか、代謝が良くなったのか、ポカポカします。

 

それと同時にコーヒーにこだわりが出てきました。

 

ゲイシャという品種の豆がすげー美味い。

とにかくブラックなのに、甘い。f:id:gtskh058chang:20171031010617j:image

 

100g1600円という破格の高さですが、この手の豆は希少価値が高く、すぐ売れるので、あったら買う方が後悔が無くなるので、良いです。

 

ぜひお試しアレ。

池袋のスペシャリティコーヒー、

3周年記念らしく、多分無くなると思います。

【中小企業診断士 二次試験 雑感】

今日も問題と本文を見直しましたが、、、。

 

何だろうなこれーって思うのが、事例四の最後の問題。

 

11月には恩師の模範解答を頂けるので、楽しみです。

 

また、書きますね!

【中小企業診断士 二次試験 内容】

2017年度 4,452名 受験されたんですね。

 

だいたい、この中から20パーセント受かる相対試験ですから900人合格でしょうか。

 

さて、再現答案をばーっと作りましたが、本文の根拠を無視するし、簡単な問題を後回しにするし。。

 

ひどい有様でした。

ただ、これが本試験なんですね。

 

これは完璧に準備しても、当日出来ないってことは充分あり得ます。ここでしっかり実力が発揮できる人が受かるんですね。

 

時間配分という選択と集中が明暗を分ける。

自制したものが勝つ試験。

【中小企業診断士 二次試験 雑感】

周りの方の話をまとめますと、

 

事例一は、一問目と二問目は簡単。三問目はよく分からない。四問目が機能別組織の逆機能によるデメリットを書いた人がおおい。五問目は組織活性化の理論がおおい。

 

事例二は簡単。

 

事例三は一問目生産統制、二問目生産性改善による標準化、三問目はみんなバラバラ、四問目はCADの強みを生かしたサービス。

 

事例四は三問目の回答バラバラ、多分間違ってる。四問目は合併によるデメリットを書く。【私は一次試験から財務レバレッジによるデメリットを書いちゃいましたが。。】

結論、よく分からないから、一問目と二問目次第との回答がおおい。

 

二次試験の速報は関連学校から出てますが、相対評価なので、周りの回答と照らし合わせて考えたいと思います。

 

ので、周りの話を聞きながらまとめたいと思います!!

【中小企業診断士 二次試験 終了】

中小企業診断士 二次試験受けた方へ

 

一年間何をしていたんだろうと思うほどの衝撃的な試験でした。びっくりして、腰痛ですよ。

 

何がセオリーなのか分からないわー、事例1

〇〇戦略や〇〇マーケティングなど言葉が一切でないじゃないか、事例2。

一問目と二問目の切り分けが出来ないよ、事例3。

最後の問題は知識問題なの?、事例4

 

この試験、合格する人はマジで尊敬します。

 

おそらく。私は、不合格でしょう。

 

というか、不合格です。

今の時点でも、試験の出題や作成意図がつかめてないのですから。

 

ただ。一次試験と二次試験が連動してるのはよく分かりました。

 

事例1は持ち株会社でした。

事例2は既存客のインターナルマーケっぽい。

事例3はCADの導入した会社。

事例4は設問4が連結BS。

 

なので、一次試験からの二次試験のストレート合格は試験員の意図なのだと確信しました。

 

そこだけでも。良い収穫です。

来年もこのようなセオリーを活かして、

知識準備進めて行こうと思います!!

 

最後に、みなさん!!

一年間、お疲れ様でした。

そして、読んでいただいた方に感謝。