2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

中小企業診断士二次試験事例1

問題

当初立ち上げた一般印刷事業などの事業展開によってA社は成長を 遂げることができた。
A社の強みと要因について100字以内で述べよ。

 

回答
強みは、高度な印刷技術の蓄積や企画力・ デザイン力の強化が価値連鎖となる組織能力だ。経営理念である人材力強化により
独自の印刷技術開発や企画力・ デザイン力を強化し一般印刷事業などの事業展開の学習で培った。

中小企業診断士二次試験 インターナルマーケティング

事例二の理論チェック

 

インターナルマーケティングとは?

 

Bは、従業員に研修の機会を与えて能力開発し、権限委譲と表彰制度導入により従業員のモチベーションを高め、従業員満足度を向上させた。64字

 

新規顧客を得るためのマーケティングとは?

従業員の当事者意識を高め、従業員の技術能力が向上し、既存顧客の満足度向上により、肯定的口コミ促進を図る。52字

 

 

模擬試験終わり

【骨格】ここはこれから!

事例1

事例2

事例3

事例4 

 

【感想】

事例1から4まで共通してることは、骨格が軟弱すぎることでした。

事例1は、理論の暗記。

事例2は、○○に向かって○○を活かして○○する。この骨格を回答用紙に書いてしまおう。編集の時に必ず無視するから。

事例3は、生産性改善の骨格を固める。

事例4は、ノート作り直し。間違いポイントの洗い直しから始める。遅すぎるが。。

 

【目標】

次こそ!70点。

中小企業診断士二次対策

厳しすぎる。

まさかの10点。いわゆる玉突き事故で、全部間違いという恐ろしい事態。

 

注意点

事例1

 

内部資源の多重利用なのか、選択と集中なのか、外部資源の活用なのか、取り込みなのか。この視点は必ずチェック!

 

 

 

2018年中小企業診断士一次試験

始まりました。

今日は2日目がんばろう。

 

エアコンの寒さ対策。パーカー。

腹痛対策。下痢止め。

熱中症対策。水、あめ。

お昼ご飯。おにぎり。

 

出来ることは全て準備!