2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

中小企業診断士 二次試験 事例二 予想

予想。

経営で出題された。

第五問 サービスプロフィットチェーンの具体的手段を200字で説明せよ。

 

運営と中小で出題された。

駅、住宅、工場、ショッピングセンター、商店街の組み合わせ。

 

与件はこんな感じ?

対象は商店街の小売b社、競合はショッピングセンターで、b社の良さは駅に近いこと。

そのため、b社の商品をみないで通りすぎる人は多い。毎年、商店街では夏祭りを行う。そこの長はb 社長が取り仕切る。夏祭りは子供が喜ぶ花火大会中心に夜店が並ぶものだ。参加者は商店街のメンバーで、商品や企画はもちよる。その会議は毎月あり、子供を連れた近隣の住民も入るため、様々な情報がはいる寄合に近い。少子高齢化で夏祭りの参加者が減っているため、打開策を考えている。