2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

中小企業診断士と関係ない話。

中小企業診断士の資格関連をのせているのですが、たまには余談を。

 

こんな記事が出てます。どう思います?

 

 - 内閣府は13日、景気動向指数のあり方を検証する景気動向指数研究会(座長:吉川洋立正大学教授)を開催し、2012年12月から始まる現在の景気回復が2017年9月時点で、高度成長期に57カ月続いた「いざなぎ景気」を超え戦後2番目の長さとなったと正式に判断した。 12月12日ロイター

 

不思議ですね。

もう不景気になるのは、間違いないですね。

財務状況は日本債務超過、日本中国不動産バブル、イギリス離脱、アメリカと中国の貿易問題とどこも悪い。

 

それを、反映していない日本の株価。その原因はGRIF であり、日本の年金で、株を買っている。まさに自転車操業

 

日本は、それに加えゼロ金利

金利が上がれば、債務返せなくなり、金融不安。。

 

色々書きましたが、ゴールドを買いましょ。

それしかない