2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

2018年中小企業診断士 事例3

見込生産、小品種多量生産を想定。

コンタミの可能性を考えて、段落で処理!

 

製品ロットサイズを変えて、生産計画の精度を高め、収益性向上を図る。34字

 

加工順を変えて、品種切り替え頻度の削減で生産コストの削減を図る。33字