2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

【中小企業診断士 二次試験 事例3】

残り11日。

策問

 

C社は多品種少量生産を行なっているが、納品の遅れが目立つ。改善方法としてモジュール生産を検討している。どのようなメリットがあるか?

 

本文

C社は、顧客の多様なニーズに対応している。

調査したところ、組み立てに時間がかかっている。また、一部社員から、部品が増えているとの報告もある。

 

答え

モジュール生産導入により、組み立て工程で扱う部品を減らし、組み立て工程が短くなり、注文を受けてから納品するまでのリードタイム短縮により、納品遅れに対応する。

 

 

 

 

回答

C社は、