2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

【中小企業診断士 二時試験 事例1】

残り13日。

早速、策問です。

 

問題

a社が持株会社制を導入することによる経営面のメリット、デメリットは何か?

 

本文

a社は、新事業に関して、カンパニー制持株会社にするか悩んでいる。

新事業は、全く未知の領域であり、リスクは高いが、ベネフィットも期待できる。

既存事業は、堅実な運営となり、盤石である。

 

回答

メリットは、事業リスクの影響を一定範囲で留められ、既存事業に及ぼすリスクを軽減できる。デメリットは、新事業の事業運営に関与できない。