2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

【中小企業診断士 二次試験 事例3】

策問

 

C社は生産の遅れが顕著である。どのように改善すべきか?

 

本文

C社は従業員の経験で作業を行っており、上手く機能しないこともある。

C社長は、標準作業を設定し、標準時間を算定したが、実際の作業と差があると話す従業員の経験を重視している。

 

回答

実際の作業を実施して、その作業時間を測定し、実際の作業時間と標準時間の差異を確認し、その原因を追求し、標準時間の遵守を徹底し、生産の合理化に向けて作業改善をする。

 

やっぱり、策問者はすごい。

ヒントがないと、このセオリー発動できないので、どーにか入れないといけない言葉がある。

入れすぎると、簡単。

入れないと、誰も解けない。。

 

バランスが大変。。