2017年12月中小企業診断士になるためのブログ

超予測を使った集合知で過去問から2017年のテストを予測します。一次試験からニ次試験の予測も入れていきます。結論、ニ次試験は予測できます。決して、ニ次試験は単独テストではなく、一次試験と繋がって、中小企業診断士の未来像をセオリーとして、出題してます!!

【中小企業診断士 二次試験 事例1】

策問します。

 

問題

a社の製品開発が滞るようになった。製品開発が進むような組織的な留意点とともに対応を助言せよ。

 

本文

a社は専門領域特有の知識を有する製品開発の技術者が多い。

a社の営業部は顧客から製品価値評価をアンケート形式で収集している。データはデータベースに蓄積しており、営業部がいつでもアクセスできる。

a社の製品開発と営業部は連携があまりない。

回答

a社の営業部の顧客からアンケート形式で生のデータを収集するよう留意し、製品価値評価を行い、その結果を開発活動にフィードバックし、開発部員の専門知識を活かして製品開発速度を上げる。

 

今回はイノベーションが、テーマでした。

このテーマのセオリー発動は難しいです。